電子カルテは医療事務を軽減する? 医療事務の手引き…資格取得から就職まで



電子カルテは医療事務を軽減する?

パソコンの授業が小学校でもあるくらい、コンピューターは私達の生活になくてはならないものになりましたね。
医療業界においても、治療はもちろんですが、コンピューターは医療事務の仕事にも欠かせないものになってきました。

現在のレセプトは、レセプト作成ソフトの導入によって、コンピューターにカルテに書かれた内容を打ち込むだけで、作成が出来るようになりました。
ですから、月末のレセプト作成は、打ち込んだデータを出力するだけでよくなり、随分と 楽になったといいます。

さらに、最近では、電子カルテというものが導入されています。
この電子カルテを導入すると、今まで医師が書き込んでいた紙のカルテのかわりに、全ての内容はパソコンに入力することになります。
確かに、紙のカルテは保存するのにかさばりますし、数多くの患者さんのカルテの管理には、どこの病院も頭を悩ませていることでしょう。
電子カルテでは、コンピューターが全て管理しますから、このような悩みも解消されるといえます。

さらに医師が直接、コンピューターに入力をすることによって、受付で医療事務が診療内容をいちいち打ち込む必要がなくなるわけです。
そうなれば、医療事務の負担もかなり少なくなくなりますね。
なにも専門的な知識がなくても、少しも問題がないような感じがします。しかし とても便利な電子カルテですが、診察中に医師がパソコンの画面ばかり見ていては、患者さんはあまり気分の良いものではありませんよね?
やはり医師には、患者さんの診察行為に重点をおいてもらいたいものです。
現在、大きな病院では、この電子カルテの作業を医療事務が代行して行っているところがあるそうです。

これからの医療事務は、受付だけではなく、医師の傍らで仕事をするようになるのかもしれませんね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。